借地 弁護士 相談 借地権 底地 弁護士相談 借地相談 東京 小堀球美子法律事務所

地代について

地代とは

地代とは、土地を借りていることの対価として毎月支払う代金(賃料)のことを言い、これは借主と貸主の合意で決められたものです。

地代・賃料の額を変更する場合、原則として、借主と貸主の間で新たな合意が必要です。しかし、借主・貸主が合意しない場合でも、一定の場合、地代・賃料の増額・あるいは減額を請求できる場合があり、借地借家法で定められています。

地代にまつわるトラブル

  • 地主から「地代を倍額に値上げする」と言われたが、この値上げは妥当なものか?
  • 土地を貸しているが、数年前から賃料を支払ってくれない。どうしたらいいか?
  • 地代増額の交渉をしたいがトラブルになりそうな場合、どうすればいいか。

地代にまつわるトラブルで多いのは、やはり金銭の授受に伴うものです。
お金は地主にとって大切な収入源であると同時に、借地人にとっては大きな負担となるものです。その上、過去の事情や人間関係も反映されるため感情的になりやすく、トラブルになることが多いと言われています。

地代の値上げについて

貸主は借主に対して地代の値上げを求める通知を出します。貸主と借主とで話し合いが成立しない場合、借主は、自分が相当と認める地代(多くの場合は、これまでどおりの地代)を支払っていれば、とりあえずは大丈夫です。貸主は、地代の値上げを求める調停を起こし、それでも話がまとまらない場合は、地代の値上げを求める訴訟を起こします。判決が確定し、ある程度の地代の値上げが認められたときは、その差額について、貸主が値上げを請求したときにさかのぼって、借主は年1割の利息をつけて支払いをしなければなりません。

地代の値下げについて

借主は貸主に対して地代の値下げを求める通知を出します。借主と貸主とで話し合いが成立しない場合、貸主は、相当と認める地代(多くの場合は、これまでどおりの地代)を請求することができます。借主は、地代の値下げを求める調停を起こし、それでも話がまとまらない場合は、地代の値下げを求める訴訟を起こします。判決が確定し、ある程度の地代の値下げが認められたときは、その差額について、借主が値下げを請求したときにさかのぼって、貸主は年1割の利息をつけて借主に返還しなければなりません。

借地に関するお悩みは、今すぐご連絡を! TEL:03-5956-2366